子供が良くかかる皮膚の病気

スポンサードリンク

皮膚は、子供が病気になるとき、その症状が現れやすい場所となります。

生まれて間もない0歳から1歳の間に現れやすい皮膚の症状といえば、突発性発疹です。

突発性発疹

突発性発疹は、突然38度を超える発熱が見られ、それが生まれて初めての発熱となる赤ちゃんも多くいますが、発疹が現れるのは、この熱が下がりかけるころからであるのが普通です。

下痢や嘔吐などを併発することもあり、驚く親もいると思われますが、突発性発疹の症状が数日続いても機嫌が良く、食欲もあることが多いため、特に予防注射などの対策をとる自治体は多くありません。

症状が現れる年齢が低いことから学校指定の伝染病などでもありません。

トビヒ

幼児に現れやすい皮膚の症状といえば、トビヒが代表的でしょうか。

幼児は外遊びが好きですが、よく転んで足などに傷を作ってくると思われます。

できた傷が治りかけてカサブタになる頃には痒みを伴いますので、引っかいてしまうということが多くなります。

ここに細菌が感染してしまうと、他の部位にうつって広がる元となる水疱になり、これがトビヒなのです。

トビヒは転んでできた傷だけではなく、虫刺されでできた傷や湿疹、ケガなどが原因となることもあり、いずれも引っかいて細菌を感染させてしまうことでトビヒとなります。

トビヒは自分自身の身体の他部分だけではなく、他の人にも伝染させる可能性があるため、
完治するまではお風呂の入浴や水泳などは控えるようにしておきましょう。

水イボ

またトビヒと同じく伝染性があるもので、プールなどで感染してくる可能性が高いのは水イボです。

丸くて柔らかい水泡であることから水イボと呼ばれ、強い痛みや痒みを伴うことは少ないものの、急激に数が増えて目立つことがありますので、注意が必要です。

水イボが多かったり、目立つ場所にあったり、また水遊びが増える夏の季節なら治療を受けることもお勧めです。

水イボが大きくなったり、数が増えたりする場合には皮膚科などで水イボを取ることもできますが、身体に免疫がつく1年ほどで自然に治まることがあります。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

2016.11.4

子供の慢性的な病気の向き合い方・付き合い方

子供の身体はとてもデリケートな上、これから成長していくので1つ1つの部位や気管などが細く小さくなっています。 そのため、同じ症状を繰り返し…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る