子供の熱中症には気をつけて

スポンサードリンク

夏の季節を迎えるころ、よくニュースでも聞かれる熱中症による症状ですが、子供やお年寄りなどの体力があまりない年代の人が熱中症にかかることは、時に命に関わることもあるものですので、注意をしておくことが必要です。

熱中症は気温が高く上昇している状況で、身体を激しく動かす、または長く気温が高い状況に身体をおいていることによって、身体の体温が上昇して起こる症状ですので、屋外だけではなく、車内も注意が必要です。

最近では真夏だけではなく、夏前から秋に差しかかるまで熱中症の症状を引き起こす人も見られますので、夏ではないからといって油断することはできません。

特に子供は身体を動かして遊ぶことが大好きなので、暑い季節に、ギラギラと太陽が照り付ける陽射しの下でも平気で長時間遊んでいることができます。

そのような環境で身体を動かして遊んでいれば、当然喉が渇いて水分を摂りたいと訴える子供がほとんどであり、コマメに水分を摂るということは熱中症 の予防につながりますが、全ての子供が水分を欲しがるわけではなく、中には全く水分を摂らないで夢中で遊んでいる子供もいるのです。

暑い時期には親が気を付けて、水分を摂らずに遊んでいる子供には定期的に休憩として水分を摂ることを勧めていく必要があるのです。

熱中症かどうかを判断するには、顔色が良いかどうかを確認したり、機嫌良く遊んでいるかどうかを確認したりする方法があります。

また適量の水分を摂って、暑い環境で遊んでいれば、汗をかいたりトイレが頻繁になったりするものです。

汗をかかず、トイレにもほとんど行かないというような状態なら、熱中症の症状を疑うことも必要です。

熱中症の症状を起こしかけていると気がついたら、涼しい場所に子供を移動させますが、そのような場所がない場合には、濡らした冷たいハンカチやタオルなどで身体を冷やすことが効果的です。

熱中症の症状が重いと感じられる場合には、着ている服を緩めて、早めに医療機関での診察を受けることで重症化を防ぐことができます。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

2015.1.16

骨粗鬆症を招く生活習慣

運動不足である頭脳労働者は、比較的容易に骨粗鬆症になる傾向があると言われています。 また、長く病床にある患者は骨粗鬆症を併発することが多く…

おすすめ記事

  • 2015.1.17

    骨を整えることを考える

    運動による骨粗鬆症の予防のためには、10Kgほどのリュックを背負って毎日ジャンプ…

  • 2016.11.4

    子供の慢性的な病気の向き合い方・付き合い方

    子供の身体はとてもデリケートな上、これから成長していくので1つ1つの部位や気管な…

  • 2015.1.7

    バセドウ病とは

    バセドウ病は、甲状腺機能亢進症の代表的な病気です。 その病名は誰もが聞いたこと…

  • 2015.1.14

    症状と特徴

    骨粗鬆症になって、骨が弱くなることにより次のような症状が現れてきます。 骨粗鬆…

  • 2015.1.15

    検査と予防

    骨粗鬆症の治療は、基本的に食事や運動など患者自身による予防的治療、不足しているカ…

ページ上部へ戻る