子供の普段かかりやすい病気

スポンサードリンク

子供の体調異変をいち早く知るためには、普段の子供の健康状態を親がきちんと把握して知っておくことが必要となります。

基本的なこととしては、子供の身長や体重、平熱などといった健康に関する情報です。

普段の症状から気をつける

体調に異変があって医療機関で医師の診察を受ける際に、これらの基本的なことは聞かれれば親はすぐに答えられるようにしておきたいものです。

子供の病気の中で最もかかる頻度が高いものといえば、風邪が挙げられますが、風邪にはいろいろな種類があります。

普段の健康状態を知っていれば、同じ風邪をひく状態であっても、それが軽いもので家庭でのケアで治まるものなのか、早めに医師の診察を受けることが必要な症状なのかということがわかるものです。

特に体調には問題がなく、元気に外で遊んでいても、急に体調が悪くなるということも子供ならよくあることになります。

暑い夏の日に外で遊ぶときには、しっかりと水分補給をし、熱中症に気をつけることが大切です。

普段からコマメに水分を摂る習慣が少ない子供なら、例えば30分に1回などというように、遊びに区切りを付けて水分を摂る癖付けをすることが有効になります。

ころんだり発疹が出たり

また歩き始めの子供ばかりではなく、すっかり歩いたり走ったりすることが上手になった幼児でも、頭をぶつけるようなことはわりと多くあるものです。

強く頭を打ったというときには、頭を打った直後の様子はもちろんですが、数日から1週間程度は気を付けて子供の様子を観察しておき、異変を感じたらすぐに医療機関を受診できるように準備しておくことが必要です。

子供の症状の中で親が驚くものの中には発熱がありますが、皮膚に症状が現れる発疹も親が不安に感じる症状となります。

発疹は短時間に急激に数を増やしたり大きくしたり、人にうつしたりする感染性のものも多いので、どのような発疹か自己判断せずに、皮膚科の診察などを受けて、医師の指示を仰ぐようにしたいものです。

子供は身体に何らかの症状があっても、それを正確に親に伝えることができない場合も多いので、普段の症状から親が気をつけることも大切なことになります。

風邪と風邪に似ている症状

風邪は子供が最もかかりやすい病気といってもいいくらいポピュラーな病気かもしれません。

風邪には軽い症状から重い症状のものまでさまざまなものがあり、全ての症状を風邪と分類することができるものの、単に風邪と呼ぶときには普通風邪と呼ばれる軽度から中程度の風邪のことを指していることがほとんどです。

風邪の代表的な症状は発熱、鼻水やくしゃみなどの鼻の症状、咳などからくる喉の症状などです。

発熱の度合いによっては、目ヤニが出るなどの目の症状が見られたり、頭痛や身体の倦怠感などを感じたりすることがあります。

それでもこれらの風邪の症状は子供の状態から親は気が付きやすく、比較的早めにケアをしたり、医療機関を受診して薬を服用したりすることで早期に治まることが多いものです。

ただ風邪だからといって甘く考えていると、時には肺炎を引き起こしたり、気管支炎につながったりするなどといった重い症状が見られることがありますので、適切なケアをすることが必要となります。

風邪の原因となるウイルスは咳やくしゃみなどに含まれて、空気中を漂うことで感染します。

このウイルスにはさまざまな種類があって、そのウイルスによって風邪の症状が違ったり、別の病名の風邪になったりすることになります。

様々な風邪と似ている症状

風邪と似ている症状としては、溶連菌感染症が挙げられます。

溶連菌の症状は発熱や喉の痛みなど、普通の風邪と同じような症状なのですが、口の中や身体に発疹の症状を伴うことがあり、医療機関で検査を受けると、溶連菌感染症かどうか分かります。

また最初は風邪の症状だと思われていても、肺炎に近い症状が見られるときには、マイコプラズマのウイルスが原因であると考えられて検査を受けることになると思われます。

マイコプラズマは風邪と同様、発熱の症状から始まることが多いのですが、特に咳が強く出ることが特徴的で、初期には乾いた咳であっても、徐々に痰がからむ強い咳になり、咳が長引くものとなります。

風邪と似ている症状ではそれぞれ違った薬の服用が必要となりますので、医療機関できちんと検査を受けて診断してもらうことが必要になります。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

2015.10.20

高脂血症予防に運動は効果的

食事と並んで、高脂血症の予防のために大切なのが運動です。 なぜ運動が大切なのか、とは今更言わずもがなという感じではあります。 運動の効果…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る