病気を正しく理解しましょう

スポンサードリンク

「うつ病で苦しんでいる人」がたくさんいることが解ってから、「うつ病」という名前は多くの人の知るところとなりました。

しかし、その「うつ病」についての知識がきちんと広まり、多くの人が正しい知識を持っているのかと言えば、決してそうではありません。

外から見て「病気」と解り難いうつ病は、「怠けている」「やる気が無い」という誤解を周囲に与えてしまい、そのことがますます患者本人を苦しめてしまう…ということも少なくありません。

また、うつ病になってしまうことで「会社に行くことができない」「学校へ行くことができない」などの症状が出ることもあり、こうなると本人だけでなく家族も辛い気持ちを抱えてしまうことになります。

うつ病は周囲が「頑張って」と励まして治るものではなく、完全に治療を終えるまでには非常に長い時間がかかってしまうこともあります。

そこから本人を救うためには、やはり周囲が「うつ病」についてしっかり理解し、正しい方法で治癒に導いてあげることが必要なのではないでしょうか。

「うつ病」は怖い病気でもあり、それが原因で本人が死を選んでしまったなどのニュースを見かけることも少なくありません。

人が自ら死を選んでしまう…これほど悲しいことが他にあるでしょうか。

人の死は、その周囲の人たちに大きな影響を及ぼし、第二第三の「うつ病」を招いてしまう可能性もあります。

そうなってしまわないために、私たちは「うつ病」のことを知り、それで苦しんでいる人に理解を示していかなければならないのです。

「うつ病」は決して「本人が弱いからなるものではないこと」、本人が「怠けているためになってしまうものでもないこと」、そして「本人も、とても苦しい思いをしているのだということ」を知っておきましょう。

うつ病で苦しむ人は、この日本にたくさんいます。

もしかしたら、あなたの大切な人が「うつ病」になるかもしれませんし、あなた自身が「うつ病に苦しむ可能性」だってあるのです。

「他人事」にしないことが大切です。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

2015.11.19

禁煙と健康診断

高脂血症には関係ないと思われるかもしれませんが、やはりたばこはとても体に負担を書けます。 たばこについての問題点、また健康診断について確認…

おすすめ記事

  • 2016.6.29

    子供の熱中症には気をつけて

    夏の季節を迎えるころ、よくニュースでも聞かれる熱中症による症状ですが、子供やお年…

  • 2015.1.17

    骨を整えることを考える

    運動による骨粗鬆症の予防のためには、10Kgほどのリュックを背負って毎日ジャンプ…

  • 2015.1.6

    甲状腺の病気の種類

    色いろある甲状腺の病気を見て行きましょう。 甲状腺は、のど仏のすぐ下にある臓器…

  • 2015.1.5

    甲状腺を確認する

    甲状腺は甲状腺ホルモンを作り分泌する臓器です。 甲状腺ホルモンの分泌に異常が起…

  • 2015.1.14

    症状と特徴

    骨粗鬆症になって、骨が弱くなることにより次のような症状が現れてきます。 骨粗鬆…

ページ上部へ戻る