誤解されやすいうつ病

スポンサードリンク

うつ病は、残念ながら「大変誤解されやすい病気である」と言われています。

例えば、風邪だったら「熱が出る」「頭痛がする」「吐き気がする」など、具体的な症状が出るため「外から見て風邪だと解ってもらう」ことができると思います。

無理解がうつ病の症状を悪化させる

しかし、「うつ病」というのは外から見てすぐに判断できるものではなく、症状も「風邪」「健康な人が一時的になる気分の落ち込み」に似ているため、他者から見て「サボっている」「やる気が無い」と誤解されてしまうことが多いのです。

また「長期的に落ち込んだ様な症状が続く」と言っても、比較的経過の良い日があったりもするので、その事がますます「誤解」に繋がってしまう様です。

残念ながら、これらの無理解がうつ病の症状を悪化させてしまい、ますます辛い思いをかかえてしまうという人も少なくありません。

ここではっきりさせておきたいのは、「うつ病」というのは「病気」であって、本人が怠けているからとか、やる気が無いからだとか、そういう事が問題なのではありません。

うつ病になってしまって苦しんでいたり、悩んでいたりする人を救うには、まず「周囲の人が正しく鬱を理解すること」が必要です。

鬱になってしまった原因をしっかりと知ること、そして治療方法についても医師から当人と一緒に指導を受けたりすると、うつ病に悩む人に必要なものがわかってくると思います。

言ってはいけない、かけてはいけない言葉

そして「うつ病に苦しむ人」には、決して「頑張って」とは言わないで下さい。

鬱に苦しんでいる人の多くは、もう十分に頑張っているのです。

病気や自分と、毎日必死に戦っています。

「頑張って」は鬱に苦しむ人をますます苦しめてしまう可能性があるものです。

どうか「ありのままのその人」を受け入れてあげて下さい。

また、うつ病にかかっている人の中には「自分で自分がうつ病だということに気付かない」「うつ病だということは解っていても、それを認めたがらない」という人もいます。

これらの人たちを救うには、やはり周囲の人たちの協力が不可欠と言えるのではないでしょうか。

うつ病に苦しんでいる人

うつ病に苦しんでいる人は世界中にいます。

日本でも、インターネットでちょっと検索してみるだけで、多くの「うつ病に苦しむ人のブログ」を見つけることができます。

それを読んでみると、「うつ病がいかに辛く、そして人を苦しめるものであるのかが解る」と思います。

「何かをしたいと思っても気力が沸いてこない」「自分は価値が無い人間だと思い込んでしまう」「眠りたいのに眠れない」…「うつ病は心の風邪である」という人がいますが、それが身体にも変調を及ぼしてしまう事もあると確認されています。

自分の心と身体が、思うようにコントロールできない…それはおそらく、想像を絶する苦しみなのではないでしょうか。

「うつ病は弱い人間がなる病気だ」と言う人もいる様ですが、うつ病は「環境の変化」「ストレス」など、誰もが感じる心の負担から発症することが非常に多いです。

どんな人でもうつ病になる可能性

つまり、どんな人でもうつ病になる可能性はあるということです。

また、「うつ病は遺伝する」という人もいる様ですが、うつ病はやはり「環境の変化」などが原因となっている事が多いです。

うつ病で苦しんでいる人の中には、「お風呂に入ることができない」「熟睡することができない」など、健康な人間なら簡単に行うことができるはずの事ができない人もいます。

それは病気のせいなので仕方が無いことなのですが、うつ病に苦しむ人は「自分は怠けている」「自分は駄目な人間だ」と自分を責め、ますます症状を悪化させてしまうこともあります。

今まで親しかった友人にすら会うことができなくなってしまう、気力がわかず会社に通うことができなくなってしまう…この事が、鬱になってしまった人を更に苦しめてしまう可能性もあります。

鬱に苦しんでいる人を救うには、まず「鬱について正しい知識を持つこと」が大切なのではないでしょうか。

鬱は一人で治すことが難しい病気です。

その人が心の健康を取り戻すことができる様、「うつ病」をしっかりと理解していきましょう。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

2015.1.14

症状と特徴

骨粗鬆症になって、骨が弱くなることにより次のような症状が現れてきます。 骨粗鬆症の症状 骨粗鬆症の初期には、ガンと同じで自覚症状はまった…

おすすめ記事

  • 2016.3.4

    誤解されやすいうつ病

    うつ病は、残念ながら「大変誤解されやすい病気である」と言われています。 例えば…

  • 2015.1.11

    骨の役割と仕組み

    人間の身体には、約206個の骨があります。それらの骨を組み合わせて形成されたのが…

  • 2016.6.22

    子供の普段かかりやすい病気

    子供の体調異変をいち早く知るためには、普段の子供の健康状態を親がきちんと把握して…

  • 2016.3.18

    周囲の人の協力が必要です

    「うつ病」を治療するには、本人の周囲にいる人の協力が絶対に必要になります。 両…

  • 2015.8.3

    高脂血症とは

    生活習慣病としては、心臓病、脳卒中、高血圧、高脂血症、糖尿病、肥満などがあげられ…

ページ上部へ戻る