日常生活で気を使うこと

スポンサードリンク

心臓病は突然来るものではありません。そこには日常生活がおおきくかかわっています。

とくに突然死を起こすような心臓病の場合には、環状動脈と動脈硬化が関わっているケースが多くあるので、動脈硬化の対策を考えたライフスタイルを作っていくことが、心臓病の予防を考えていく上で重要なヒントとなっていくのではないでしょうか。

心臓そのもののポンプ機能よりも、その先のホースである動脈硬化のほうが、心臓病にとって大きな要素となるということは驚きです。

肥満の解消や運動不足の解消など、注意ポイントをきちんとチェックしてみましょう。

睡眠を十分に取ろう

病気を予防するためにも、精神を緊張から解きほぐし休ませてあげるためにも、そして身体の中のさまざまな働きのためにも、十分な睡眠時間の確保が大切です。

睡眠や休養を取って身体を十分に休ませ、規則正しい生活を送ることは、健康な身体作りには欠かせない要素の一つです。

とくに心臓病の人の場合、さまざまな要素が心臓に負担をかけることがわかっていますので、十分な休養と睡眠時間を確保し、規則正しい生活を送ることは、心臓病の治療や改善、予防に欠かせません。

心臓にかかる負担を減らす以外にも、休養や睡眠の時間を十分に確保することは大事です。

わたしたちの健康な身体と健全な心のためにも、規則正しい生活リズムを手に入れましょう。

入浴や運動

お風呂は一日のリラックスタイムとして楽しみにしている人も多く、身体や髪の汚れをオフして、さっぱりと清潔にしてくれることはもちろん、心を落ち着かせてゆったりと過ごすことのできる空間でもあります。

半身浴を習慣として、長い時間お風呂で過ごすという人もいることでしょう。

しかし熱いお湯や長時間の入浴は心臓病を持っている方の心臓にはもちろん、普通の人でも心臓に負担のかかる行為です。

そのため、半身浴ではお湯は心臓にかからない位置までとするのが一般的です。

急激な温度変化などを行うことは欠陥の収縮を起こし、血圧が上がったり、心臓病の発作を引き起こしたりする危険性もあるので、入浴の方法には十分に注意しましょう。

適度な運動をしよう

今現在、重い心臓病を持っているという方は、激しい運動を行うことはできませんので専門の医師との相談が必要となりますが、適度な運動というのは、心肺の機能を育てることにも繋がりますので、心臓病の予防や改善のためにも、適度な運動は取り入れていくとよいでしょう。

心肺の機能を高めたり、総合的に健康な身体作りを目指したりするのに適しているのは、有酸素運動と呼ばれる運動です。

有酸素運動は、身体に酸素と取り入れながら行う全身運動で、代表的なものにウォーキングやジョギング、サイクリングや水泳、なわとびなどがあります。

適度な運動には、心臓の機能を高めてくれることはもちろんストレス解消の効果もあります。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

2015.1.15

検査と予防

骨粗鬆症の治療は、基本的に食事や運動など患者自身による予防的治療、不足しているカルシウムとビタミンDを補う補充治療、そして本格的な薬物治療の…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る