刺激物や脂分はほどほどに

スポンサードリンク

心臓病を予防するには食生活を気をつけることは言うまでもありません。

おいしいモノは体に悪いとはよく言ったもので、以下に上げるもの、また食生活で改善できる部分はたくさんあります。

耳が痛いお話ですが、ちょっと見てみてください。

刺激物の摂取に気をつけよう

食事や飲料の中には、いわゆる「刺激物」と呼ばれるものがあります。

刺激物というのは、生体に作用してなんらかの現象や反応を起こさせる食べ物のことですが、その中には、わさびやとうがらしやカレー粉といった、誰でも一度は食べたことのある香辛料などがあります。

また、ビールやコーラのような炭酸ガスを含む飲料や、コーヒーやココアなどアルカノイドを含む飲料なども刺激物として考えられています。

これらの刺激物は、少量や適量を摂取する分には問題はありませんが、刺激物を過剰に摂取すると刺激物が心臓に刺激を与えます。

心臓病を引き起こす原因ともなりますので、食事の中に上手に取り入れ、摂取量のコントロールを行うようにしましょう。

動物性の脂はほどほどに

わたしたちが毎日食べる食料を調理していく上で、油というものは欠かせないモノの一つです。

脂の摂りすぎは肥満の原因ともなりますので、過剰な摂取はよくありませんが、人間の身体や肌には適量な脂の存在がとても重要で必要なものとなっています。

カロリーの高さも気になる脂ですが、種類をきちんと選んでほどほどに利用すれば、むしろ健康を増進させる効果もあります。

動物性の脂ももちろん大切ですが、摂り過ぎると心臓に負担をかける、高コレステロールになったりもします。

動物性の脂ばかりを利用するのではなく、身体に優しい菜種油やサラダ油、大豆油やごま油など、植物性の油も上手に利用して、心臓病予防を行いましょう。

便秘を解消しよう

食生活やライフスタイルの変化はわたしたちの身体に大きな影響を与え、女性にとって、便秘や肥満といった身体に不快な現象も、慢性的な悩みの一つとなっています。

心臓病と便秘は一見関係なさそうですが、実は便秘でおなかが張るということは、それだけで心臓に大きな負担をかけることになるのです。

便秘をするということは、本来排出すべき毒素を体内に溜め込むということで、それは血液によって身体中を廻り、さまざまな器官を弱らせることにつながります。

動脈硬化や高血圧を引き起こすのもそのためで、心臓にも大きな負担をかけてしまいます。

便秘を解消して毒素を排出し、身体をキレイな状態にリセットしてあげましょう。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

2016.3.25

うつ病のことが良く解るサイトもあります

「うつ病」になってしまい、苦しんでいる人というのはこの日本にたくさんいます。 「会社に行くことができない」「学校に行くことができない」「気…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る