心臓病とは

スポンサードリンク

心臓病という言葉に、みなさんはいったいどのようなイメージを抱いているでしょうか。それは、心臓の病気の総称を示す言葉ですので、一口に心臓病と言っても、さまざまな病気があります。

心疾患と呼ばれることもありますが、わたしたちの命にとても深い関わりのある病気です。

亡くなる方の割合の多さを聞けば、この病は自分には無関係だと、決して思えない病気であると言えるでしょう。

心臓病について知り、その予防や対策に努めましょう。

心臓とは?

心臓という臓器がわたしたちの命の要となる、重要な臓器であるということは、ほとんどの人が知っていることだと思いますが、それではなぜ心臓はそんなにも大切な器官であるのでしょうか。

心臓は、簡単に言うとわたしたちの身体の中で血液を送るためのポンプのような役割を果たしています。

血液を送り出すポンプの働きをするために心臓は筋肉質な性質でできた臓器で、律動的な収縮を繰り返し、その動きによって、身体中に血液を送り出しているのです。

心臓が血液を送り出すことによって血液が血管を通じて細胞にエネルギー源や酸素を渡し、老廃物や二酸化炭素を体外へ運び出す働きをするなど、心臓が身体を動かす基礎の役割を果たしているのです。

心臓病ってどんなもの?

心臓病という呼び名は心臓の病気全般のことを指しますので、一口に心臓病と言っても多くの種類の心臓の病気があります。

心臓病は心疾患という呼ばれ方をするケースもありますが、それでは心臓病とはいったいどのようなものなのでしょうか。

心臓という臓器が、人間の身体の中でどのような動きをし、どのような役割を果たしているのかということを具体的には知らないという人もいるかもしれませんが、身体の中で心臓の果たしている役割の重要性、心臓が止まると命が失われるということを知らないという人はいないと思います。

心臓は文字通り、わたしたちの命であるのです。

そのため、心臓病についての知識を身につけるのは、とても大切なことです。

心臓病の種類

人間が亡くなる病気のTOP3に、心疾患は必ずランクインしているほど、心臓病という病気は、世の中に多くあります。

そのようなTOP3に入る理由としては、心臓の果たしている機能とその役割の大きさというものが深く関係しているといえます。

心臓はわたしたちにとって文字通り命に関わる重要な器官で、その分心臓病はわたしたちの最も身近にある病気の一つであるといえます。

身近な心臓病の中でも、よく耳にする心臓病だけでも、どのようなものがあるのか知っておくとよいでしょう。

心不全や狭心症、心筋梗塞など、聞き覚えのある心臓病が多くあります。

心臓病について知ることによって、治療や改善、予防などに繋げていくことも大切です。

心臓の構造

心臓は、ポンプとしての役割を果たすため、筋肉質な臓器で自ら収縮を行っていますが、それでは心臓の内部はどのような構造になっているのでしょうか。

心臓の構造は、心臓病を知る上でも大きな関わりを持っていますので、心臓がどのような構造となっているのか知っておきましょう。

心臓は右心房・左心房・右心室・左心室の4つのから成り、大きな動脈と静脈ともつながり、その大きさは人の握りこぶし大くらいの大きさがあります。

心臓には、血液の逆流を防ぐために弁というものがあり、この4つの弁が正常に働くことによって、キレイな血液を身体中に送り出すことができるのです。

心臓の正常な動きが健康に身体を維持してくれているのです。

心臓の位置

わたしたちの身体や命の要の存在である心臓ですが、身体の中で心臓のある場所はどこでしょうか。

一般的に、心臓は左胸にあると言われていますが、左胸に手を当ててみると、鼓動を感じる場所にズレを感じないでしょうか。

実際には、体内の心臓の位置は、人間の身体にある左右の肺のほぼ中間に位置しているのですが、心臓が左胸にあるといわれたり、実際に触ってみると右よりも左よりにあるように感じたりするのでしょうか。

それは、心臓の形に秘密があり、心臓の形状というのは、左右対称の形ではなく中央よりやや左側に寄っています。

身体の上からは左側の鼓動のほうが感じ取りやすいことから、心臓は左胸にあると思われているのです。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

2015.1.5

甲状腺を確認する

甲状腺は甲状腺ホルモンを作り分泌する臓器です。 甲状腺ホルモンの分泌に異常が起こると、身体は常にだるく、周りから見ていると、怠け者のように…

おすすめ記事

  • 2015.8.1

    心臓病の予防とライフスタイル

    心臓病は、突然死を引き起こす可能性のある病気です。 そのような心臓病を引き起こ…

  • 2015.5.11

    心臓病の病態

    心臓は身体の中で、命の要ともなる重要な器官ですが、そのような重要な器官でトラブル…

  • 2016.7.6

    子供が頭を打ったら【すぐやるべきこと】

    子供は大人の体型に比べると、身体の大きさに対して、頭の大きさの割合が大きいもので…

  • 2015.1.13

    骨粗鬆症の発症と原因

    骨粗鬆症の原因として、高齢者ではカルシウム、ビタミンD代謝機能障害、日光浴不足に…

  • 2015.1.14

    症状と特徴

    骨粗鬆症になって、骨が弱くなることにより次のような症状が現れてきます。 骨粗鬆…

ページ上部へ戻る