骨粗鬆症の発症と原因

スポンサードリンク

骨粗鬆症の原因として、高齢者ではカルシウム、ビタミンD代謝機能障害、日光浴不足によるものが多くを占めているということです。

また、女性の場合は、女性ホルモンの分泌が減少してきますと骨を作る機能が低下してしまうことにより発症します。

色々な原因

その他の原因としましては、糖尿病、腎臓病、婦人科疾患による両側卵巣摘出、あるいは慢性関節リウマチなどが挙げられますが、高齢者では、慢性の病気のために長期間寝たきりになっていましても骨粗鬆症は進行してしまいます。

骨粗鬆症の原因として、ビタミンD摂取不足が挙げられています。

腸におけるカルシウムの吸収には、ビタミンDの作用が不可欠となっていますから、ビタミンDが不足しますとカルシウムを吸収することができなくなるわけです。

その他にも、喫煙、飲酒、カフェイン、食塩、また糖分の摂り過ぎもカルシウムの吸収を妨げて、排泄を増やしてしまいます。

さらに、過度のストレスも腸でのカルシウム吸収を阻害してしまいます。

骨の主要成分は、リン酸とカルシウムなどの有機物質と無機物質となっています。

リン酸とカルシウムは骨の強さをサポートし、網の目のように張り巡らされた膠原は骨に弾力性をもたらしています。

骨の形成を考える

骨を作ることを形成、骨を壊すことを吸収と言いますが、年齢によって骨の新陳代謝も異なります。

骨の成長期に骨は長くなり、厚さも増して強くなり、20代、30代のときの骨量を最大骨量と呼んでいます。

この時期の形成のスピードは吸収より速く、加齢、あるいは病気とともに形成の速度は低下していきます。

形成より吸収が活発な状態が長く続きますと、骨量が減少していき、骨が弱くなっていわゆる骨粗鬆症となります。

骨粗鬆症の発症には、さまざまな環境因子だけでなく遺伝的要因が大きく関与しています。

ですから、骨粗鬆症に関わる遺伝因子を解明することによって、その予防に役立てることが可能となっています。

どんな人がなりやすい

骨粗鬆症は、圧倒的に女性が多くなっていますが、骨粗鬆症は、多くの原因が複雑に関係して発症する病気ですから、原因を一つだけに絞ることはできません。

では、どんな人が骨粗鬆症になりやすいのでしょうか。

一つは、中高年の人です。性ホルモン分泌の低下の他に、年を取りますと骨芽細胞の働きが低下してきます。

また、腎臓の働きも落ちてきますから活性型ビタミンDが作られにくくなったり、また食事量が減少しますからカルシウムの吸収量が低下してきます。

一つは、カルシウム摂取量が少ない、偏食のある人です。

乳製品を食べていなかったり、偏食して栄養バランスが偏っていますと、食事からカルシウムが十分に摂れなくなってしまいます。

女性の場合の主な原因

一つは、閉経の女性です。閉経に伴って女性ホルモン分泌が急激に減少しますと、破骨細胞の働きに骨芽細胞の働きが追いつかなくなってしまいます。

最近の若い女性はダイエット、喫煙、インスタント食品の過食、アルコールやコーヒーの飲み過ぎという人多くなっています。

カルシウムを無視したダイエットをしたり、喫煙で胃腸の働きが悪くなったりしてカルシウム吸収が悪くなりますと骨量が著しく減少します。

また、過量のアルコールやカフェイン、食塩、糖分を摂りますと尿中へのカルシウム排泄が増加し、身体の中のカルシウムは減少してやはり骨量が減り、老人だけでなく若い女性にも骨粗鬆症が生じてきます。

適度な運動で骨に刺激を与えますと、骨は丈夫になります。

しかし、運動をしない人は骨がだんだん弱くなっていきます。

また、日光に当たらない生活を送っていますと、皮下でビタミンDが合成されなくなってしまいます。

ビタミンDが合成されなくなりますと、カルシウムの吸収が低下して、骨量が減少し、結果的に骨粗鬆症になってしまいます。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

2016.2.12

高血圧と高脂血症の関わり合い

さて、ここまで高脂血症についてさまざまな角度から見てきましたが、ここで高脂血症と同じく動脈硬化の原因になる高血圧についても少しだけ考えておき…

おすすめ記事

  • 2015.8.3

    高脂血症とは

    生活習慣病としては、心臓病、脳卒中、高血圧、高脂血症、糖尿病、肥満などがあげられ…

  • 2016.6.22

    子供の普段かかりやすい病気

    子供の体調異変をいち早く知るためには、普段の子供の健康状態を親がきちんと把握して…

  • 2016.3.4

    誤解されやすいうつ病

    うつ病は、残念ながら「大変誤解されやすい病気である」と言われています。 例えば…

  • 2015.7.31

    刺激物や脂分はほどほどに

    心臓病を予防するには食生活を気をつけることは言うまでもありません。 おいしいモ…

  • 2016.7.13

    子供が良くかかる皮膚の病気

    皮膚は、子供が病気になるとき、その症状が現れやすい場所となります。 生まれて間…

ページ上部へ戻る