甲状腺を確認する

スポンサードリンク

甲状腺は甲状腺ホルモンを作り分泌する臓器です。

甲状腺ホルモンの分泌に異常が起こると、身体は常にだるく、周りから見ていると、怠け者のように見られることも少なくありません。

さらに、全身に辛い症状があるにも関わらず、その原因が甲状腺や甲状腺ホルモンの分泌にあることがなかなか分からないことも多いのです。

甲状腺を疑う

20代~40代の女性に多い甲状腺の病気、あなたもなぜか身体がだるいと思うことが多いなら、甲状腺の病気を疑ってみましょう。

甲状腺の病院に行けば、原因はすぐにわかります。適切な治療が大事です。

甲状腺自己抗体が原因の自己免疫疾患によっておこるバセドウ病、橋本病などの病気にも、一刻も早い治療が必要なのです。

甲状腺疾患が発見されにくいのは、様々な症状が出るために、その症状のあるほかの病気と間違われやすいためです。

例えば、女性に多い病気であることから「更年期障害」と捉えられたり、動機息切れの症状から各種の「心臓病」、むくみがあることから「腎臓病」、肝障害があることから「肝臓病」、その他、「自立神経失調症」や「糖尿病」「高血圧症」、また高齢者の場合には特に「痴呆」と間違われることも多いのです。

これらの症状が、適切な診断によって、甲状腺の異常だとわかれば、治療を受けることによって、症状は劇的に改善します。

そして仕事に、運動に、家事に、見違えるほどの気力が湧いてきます。

もちろん、妊娠や授乳なども問題なくこなすことができます。

甲状腺の働き

人間なら誰にでもある甲状腺、位置はのどぼとけの下の当たり、左右が4センチ程度、厚さが1センチ程度、重さは15グラム程度が標準的な大きさです。

とても柔らかいので外側から普通に触っても何処にあるかはわかりません。

試しに触ってみても、よくわからないでしょう。

形は、よく蝶が羽を広げた形に例えられます。

甲状腺は、食べ物に含まれるヨードを利用して、2種類の甲状腺ホルモンを合成します。

そして、血中に分泌するのです。

甲状腺のように血中に物質を分泌する働きを内分泌と言い、甲状腺はたいへん重要な役目を担っているのです。

こんな小さな器官が身体全体の調子に大きな影響を与えるのです。

人間の身体がいかに精緻にできているかを示す臓器でもあります。

甲状腺が分泌する甲状腺ホルモンは、T3と呼ばれ3個のヨードを持つトリヨードサイロニン、T4と呼ばれ4個のヨードを持つサイロキシンの、2種類です。

働きから言えば、トリヨードサイロニンは、サイロキシンの4倍にもあたる強い働きをすることがわかっています。

甲状腺が分泌する甲状腺ホルモンの量を支配しているのは、脳にある脳下垂体から分泌される甲状腺刺激ホルモンです。

この甲状腺刺激ホルモンが適切に働き、かつ甲状腺が適切に反応して初めて、人はちょうど適量の甲状性ホルモンを血液中に保持することができます。

だからこそ、健康な人はいつも快適な生活を送ることができるのです。

このバランスが崩れるとたちまち身体の調子が悪くなります。

甲状腺ホルモンの働き

甲状腺ホルモンは身体の新陳代謝を促します。

甲状腺ホルモンは人間を初めとした哺乳類が持つだけではなく、両生類も甲状腺ホルモンを持っています。

甲状腺ホルモンは、成長、発育に欠かすことができません。

甲状腺ホルモンが不足した新生児は脳の発達も身体の発達も遅れてしまうのです。

これは、先天性甲状腺機能低下症=クレチン症という病気です。

さらに成人でも、甲状腺ホルモンが不足すると、全身に亘る新陳代謝が低下してしまいます。

このことが、甲状腺ホルモンの分泌がうまくいかないと、脳、心臓、消化管、骨、筋肉など全身に症状が起こる原因です。

精神神経や身体活動の調整に甲状腺ホルモンはなくてはならないものなのです。

甲状腺機能検査

甲状腺機能検査は比較的簡単な検査です。

甲状腺ホルモンと、甲状腺刺激ホルモンの血中濃度を測定するだけです。

基本的には、甲状腺機能が正常、亢進、低下のいずれかを、トリヨードサイロニン(T3)とサイロキシン(T4)という2つの甲状腺ホルモンの血液中に遊離している量を測定することで判定します。

さらにT3とT4の量をコントロールする甲状腺刺激ホルモン(TSH、脳下垂体から分泌される)の量も測定すれば、甲状腺機能に以上があるかどうかがわかります。

血液中の甲状腺ホルモンであるT3とT4が低下すると、甲状腺ホルモンの分泌を刺激するTSHは増加します。

逆に増加すると、TSHは減少するのです。

この仕組みをネガティブ・フィードバック機構といいます。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

2015.1.12

骨粗鬆症の原因と種類

骨も他の組織と同じように代謝を繰り返しています。骨代謝は骨吸収と骨形成から成り、これによって骨は強さとしなやかさが維持されています。 しか…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る